検索

MENU

改めて素質を考えてみて。

公開日:2017/05/09 (火)

p2a-online

0

お久しぶりです!!!!

気づけばものすごくご無沙汰してしまっておりました。
ブログから離れていた間に、公私共になかなか波乱万丈な経験をしました。
そういう経験をする度に、本当に私は経験を通して学ぶ実践型だなぁ、と
遠い目をしてしまうのです。

しかしながら、実践型に恥じぬよう、少しずつでも成長していきたいと
心新たに思っておりました。

ブログをお休みしている間、自分がこの人生で何をしていきたいか
どんな人の役に立ちたいのか、また、実際にどんな人の役に立てるのかを
考える機会が何度もありました。

少し長くなりますが、もしよろしければお付き合いいただけると嬉しいです。

素質はきっかけにすぎない

ネット上では開店休業状態だった素質診断ですが、リアルで近しい友人相手や
ご依頼ベースでの、素質診断は続けておりました。

その時、「素質診断」は「生き物」だな、と
強く感じたのです。

もしかすると、こんなことは今更言うことではないのかもしれません。

でも、用意した素質診断カルテの枠からはみ出してご相談にのったり
お話しさせていただいたりすることに、とても大きな喜びを感じたのです。

「素質診断」は「セッション」であり、「ライブ」だと。

こんなことを言ってしまっては素質診断士としては本末転倒だと
思われるかもしれません。

でも。至極当然のことなのですが
素質が全てではないんですよね。

例えば、もし全く同じ素質タイプの方を何人か目の前にしたとして
私が「素質」という括りだけで決めつけたり、マニュアル通りの診断をしても
それは決して相手に響かないと思うのです。

何故なら、目の前の人は、素質だけで生きているわけではない
「素質を超えている生身の人間」だから。

それを十分にわかった上で、「目の前の相手」をきちんと
五感で感じること。

そして、一番相手に響く形で届けられるよう
オリジナルでオーダーメイドのセッションを提供すること。

それが出来たとき、相手の表情がとても変わるんですよね。

表情がぱーっと明るくなったり、柔らかくなったり、笑顔になったり。

私はそれがもう本当に嬉しくて嬉しくて。

 

改めて、素質というきっかけを使って、自分の人生を自分らしく
自信を持って生きるためのお手伝いをしたい、と心から思いました。

そんなことを思うきっかけをくれたのが
悩める私と同年代の女性が多かったのです。

皆、本当はとってもキラキラピカピカしてるのに。

自分のことは自分では見えないですもんね。

でも、他の人のことはとても良く見えるから
どうしてもすぐ比較しちゃったりして。

しかも、自分が得意なところと他の人が得意なところを
比べるならまだしも、自分の得意なところは標準装備だと
目を瞑り、自分の苦手なところと他の人の得意なところを
果敢に比べて派手に落ち込んでしまうとか。

ストイックをこじらせた系女性の得意技と言っても
過言ではないですよね(笑)

私は、そういうストイックをこじらせた系女性を
サポートしたい!!

そんな訳で、私、路線変更いたします!

・・・やることは変わらないんですけどね(笑)

でも、もっともっと私が子供のころから大切にしてきた

「笑い」

の要素を大切に濃厚にしていきたいと考えています。

言うまでもないですが、笑うのって大事ですよね。
笑うと全身が緩んで、肩の力がすーっと抜けて
楽になりませんか?

楽しく笑っているだけで、NK細胞が増えて
ガン細胞を殺したり、健康になりますからね!

最近笑ってないなぁ・・・と言う方は
一度騙されたと思って、道場のセッションを
受けにきていただきたいなぁ、と思います^^

言っても私、何が一番得意って
人を笑わせることですから。
大阪に行けば大阪人に間違われ、東京では芸人にも間違われ。。。とハードル上げてどうする自分。

後悔させませんよ!!お。言い切ったな。

ブログも徐々に手を入れていきますので
リアルタイムに即していない部分があるかと思いますが
長い目で見てやっていただけるとありがたいです。

改めまして
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

平成29年5月9日
道場 直美

※さくっと名前もビジネスネームの「実門 くるみ」もやめることにいたしました。
わりと気に入ってはいたのですが、呼ばれてしっくりくる方がやりやすいなーと。

最終更新日:2017.06.09

avatar

flame

p2a-online

道場直美。素質診断士。アメリカの大学で心理学を専攻。
日本に帰国後コーチング、統計心理学を学ぶ。
紆余曲折を経て、ストイックをこじらせた系女性がもともと持っている素質・ポテンシャルを発見・発掘することをきっかけに、自分らしい人生を生き抜くためのサポートをしている。お笑いが好き。自身もコミュニケーションツールとしての「笑い」を大切にしている。

フェイスブックでコメントする

この記事にコメントする

※が付いている欄は入力必須です。

New Post By Category カテゴリ毎最新記事

Category カテゴリーから見つける